大阪でオフィス賃貸を利用する時の初期費用について

   

会社を設立する時には自宅を職場とすればオフィスを構える必要はありませんが、設立後に会社の規模を大きくしたい時にはオフィス賃貸物件を借りる必要が出て来ます。但し、会社の規模に応じて貸事務所を利用した方が良いケースとレンタルオフィスを利用した方が良いケースがあります。例えば、4~5名の会社などの場合は、レンタルオフィスを利用した方が毎月の使用料が少ないため固定費として掛かる費用を節約出来ますし、レンタルオフィスは初期費用が安いなどのメリットがあります。
大阪にはレンタルオフィスが数多くあり、利用する人も多くなっているため、会社の規模に応じて利用するのも良いでしょう。また、レンタルオフィスの場合には仕事に必要な設備が既に揃えられている、会議室なども貸し会議室を活用する事でビジネスに役立てる事が出来ます。

小規模の会社ならレンタルオフィスが便利です

大阪にあるレンタルオフィスは、オフィス賃貸物件の一つで、収容人数は1名から10名程度などの部屋が用意されている所が多いのが特徴です。人数が少ない会社などの場合、レンタルオフィスを利用すれば初期費用として掛かる、保証料や仲介手数料、前家賃などを大幅に節約する事が可能になります。ちなみに、保証料は賃貸アパートやマンションなどを借りる時に必要な敷金のようなもので、家賃1年分などの費用が必要になります。仮に、家賃が30万円の物件で保証料が12か月になっている場合には、最初に360万円もの費用が必要になるわけです。
これに対して、レンタルオフィスの場合は初期に掛かる費用は当月の利用料が日割りで支払うものや敷金として使用料の1か月分、共益費や入会金などになる事からも、最初に支払う金額が少なくて済みます。

初期費用の内訳について比較してみましょう

大阪などで一般的なオフィス賃貸物件を借りる場合、家賃が50万円で保証料が1年分、不動産会社に支払う仲介手数料が家賃1ヶ月分や前家賃を1ヶ月分とした時、最初に支払う金額は700万円を超える初期費用が必要になります。家賃が安い物件を選んだとしても引越し費用やオフィス内の内装工事などの費用が必要です。さらに、ネットや電話回線工事など色々な部分でお金が掛かります。オフィス家具を買い揃えたり、ファックスを初めコピー機やパソコンなどのOA機器、ビジネスホンなどを買い揃えるとなると高額な費用が最初に必要になってしまいます。
レンタルオフィスの場合には、オフィスの使用料や共益費などの費用だけで済むため、初期費用の節約が可能になりますし、予め業務に必要となる環境が整っているので、これらの費用だけで借りる事が出来るメリットを持っています。

ピックアップ記事

大阪でオフィス賃貸を利用する時の初期費用について

会社を設立する時には自宅を職場とすればオフィスを構える必要はありませんが、設立後に会社の規模を大きくしたい時にはオフィス賃貸物件を借りる必要が出て来ます。但し、会社の規模に応じて貸事務所を利用した方が...

相場を把握したい大阪のオフィス賃貸物件

過密都市の一つ、大阪は東京に並んでビジネスの拠点の役割を持っていますが、ビジネス拠点として利用される事が増えているのがレンタルオフィスです。一般的な貸し事務所と比べると気軽に利用が出来るため注目が集ま...


魅力